繋がるってすごい!

昨年12月中旬に、以前私がボランティアコーディネーターをやっていた

片瀬地区人材・情報バンクセンターのボランティア講演会が開催された。

人数こそ、大入り!とはいかなかったけれど、来て下さった方たちの

反応がとっても良かったので、企画した1人としてホッとしたのもつかの間。

なんと、そこに来ていただいた講師(友人)を通してその講演会で

知り合った方も含め、なんと片瀬でも講師が地元で活動している

逗子30’s(ずしさんじゅうず)の片瀬版を発足することに。

 

いやはや、蒔いた種がこうも早く実を結ぶとは思ってもみなかったし、

繋がるってすごい!というパワーを感じた日だった。

 

なんか片瀬でもそういうのやりたいよねー、で集まった片瀬の40’s仲間。

そう、だって私は40代ですから・・・(笑)。

あれよあれよと、逗子30’sが活躍する「夜回りラン」を片瀬でも!

という話につながり、美味しい肴と美味しいお酒を呑みながら、さっそく

初回の夜回りラン日程が決定。

ひゃー、すごいよ、これ。

 

まあ、蒔いた種はともかく、実を結ぶというにはまだまだ早いけれど、

焦らずゆっくり、でもじっくり、片瀬らしさで同世代で楽しみながら

地域になにか還元できたらなぁ、と思っとります、ハイ。

 

とりあえず、私は走るの苦手なので、そういう人もまた違った

楽しみ方ができる企画を考えたいなぁ、なーんて。

なので、私のお役目は走ってパトロールをしてくれる仲間のための

ランステーション(仕事帰りで直行してくる仲間達の荷物を預かって

もらったり着替えさせてもらえる場)を確保すること。

さっそく、1件、いつおお世話になっている「だのし」さんの2階を

お借りできるように取り付け、快くご協力いただけることに。

もちろん、荷物を預かってもらって走った後はそのお店で美味しい

ビールと肴を・・・♪

 

次の私の任務はランステーションの2軒目、3軒目を探すこと?!


Related posts

故障中のモノ・・・

我が家で現在故障中のモノが増えてきた・・・

1.セントラルヒーティング(冷房も暖房も)

2.ガスコンロのグリル(コンロの方はもう腐食がひどくて次壊れたら交換しかないと宣告されてます)

3.光回線関係全て(テレビ、インターネット、電話全て)

4.ウォシュレットの温水機能

こんなところでしょうか(笑)。

1.は、もうかれこれ5年ぐらいになるんでしょうか。修理しようとしたら新築当時のものですからもう20年以上経っているので部品がないから全交換になる、と。
夏は我慢してますが、冬の寒さはこたえます。ので、アラジンのストーブ2台でなんとかしのいてますが、夜中はつけて寝られないので超寒いです。

2.は、ここ2,3年、ガスコンロ共々何度か故障してだましだまし使っています。グリルはトースターで出来るモノはそちらでやってますので何とかなりますが、コンロの方がいかれちゃうともう後がありません。とほほ。

3.は、今一番困るモノ。地上波のテレビもこれから来てるんですねー、てっきりひかりTVだけが視聴できないのかと思っていたら(イメージ的にはケーブルテレビの代わりに契約してるもの)、地上波も見れないからこれはたまに困ります。
ネットは、自分のポケットWi-Fiと下の階のわずかに飛んでくるのを拾ってしのいでますが・・・。
電話は全くかけるのも受けるのもできません(T-T)。

4.は、水は出るのと、ほとんど私は使わないので我慢してます(笑)。

優先順位はついてるんですけど、なかなか取りかかれずにいるダメ主婦でございました。


No tags for this post.

Related posts

娘の受験

ふー、いろいろあった年末年始だったけれど、やっと昨日娘の高校が決まりました。

とはいえ、内申の悪い娘さん、模試を受けると結果は良いのに学校推薦は一番下のコース(笑)。今時の学校って普通校でもコースがあるのね!知らなかったです(^_^;
まぁ、どこだって高校生活をエンジョイして、進路をしっかり決められればコースなんてどうでも良いと思ってるダメ母なのですが、そんなことでコース分けは一般受験生と一緒に入試を受け、その結果で判断されるということなので、まだ気は抜けない、でも決まってホッとしたという微妙な心境の母娘なのでした。

中学校3年間、彼女も思春期と言うこともあって色々ありまして。
毎朝、トイレに籠もって嘔吐。青白い顔して出てきて学校へ行かせると、保健室。そんなこんなで中2の時に擁護教諭の先生から紹介されたこども専門のクリニックに通うようになって1年半。
この1年半の成長が親が見ていてもよくわかる程、効果が目に見えて良かった!はじめは、剣道を通して「『学ぶこと』を学ぶ」という、びっくりするような取り組みに不安を感じて始めましたが、これが本当に娘だけではなく、親にとっても本当に学ぶことが多い、親も成長する機会となりました。
申し訳ないけれど、最初は自己啓発系のなんか怪しいのだったらどうしよう、と不安だったのですが、変わったカウンセリングでこどもとは直接カウンセリングはせずに、週に1回の剣道の場だけ、先生と剣道を通してやりとりがあるだけ。その後、剣道についての日記は必ずつけて、それを持って親が週に1度カウンセリングというか、診察を受けるんです。
基本は、本人含め親も全員で取り組む問題、と位置づけますので両親で診察に行きます。夫は比較的時間を自分で自由にFixできるので、おかげさまで一緒に取り組むことができますが、ほとんどはやはりお母さん頼みになります。
それでも、通院されている方のほとんどは何らかの形できちんとお父さんも関わってくれているようで、他人様の様子を見ていても、それが手に取るようにわかるほどの成長が見られます。

ただ、良いことばかりではなく、我が家の娘と私たちにはとっても合う方法でしたが、中にはやはり先生との相性が悪い方もいらっしゃるようで、そういう方は途中もしくは最初の段階でいなくなっちゃいます。

こういうこと(子どもの不登校)って、今じゃ珍しいものでは無くなってしまっていますが、やっぱり先生との相性(子どもと先生、親と先生)って大事だと思います。娘や私は本当に先生に出会うことができて、娘がつまづいたおかげで知ること、学ぶこと、成長することができて良かった、と今では思っています。今では、ですよ(笑)。毎朝ゲーゲーやってる時には,この先どうなっちゃうんだろうって不安しか無かったですもん。

私は娘が病気だと思っていません。メンタルクリニックに通っていると、どうしても病気だと思っていると認識されちゃうようで、学校や塾の先生に理解してもらえなかったり、祖父母や親戚にも理解してもらえなくて寂しいな、と思うことはあります。お母さんづきあいをさせてもらっている人の中には、ご自分の経験で色々アドバイスして下さる方もいらっしゃいます。
正直これは一番辛かった!今思えば、通い始めた頃はまだ先生との信頼関係も構築中だし、娘を見ていてこれでいいのだろうか、と迷うこともあったからです。
でも、あるとき先生と話をしていると

「僕が中2までが治療できるギリギリの線だと思ってるんです」

とおっしゃいました。聞いてみると、精神科医を長年されてきて、沢山の心や体を病んだ患者さんと向き合う機会があり、安易に薬だけで治療しようとする場面もあるようで、結局そうなってしまうと薬無しではなかなか治すことが難しい、ならば子どものうちに、いろんな問題を解決したりはね除ける力をつければ良いのじゃ無いか、ということで子どもを専門に診るようになったそうです。この解決したりはね除ける力は何か。「学び方」を身につけるってことなんですって。
何故中2なのか。思春期を過ぎる頃になると、今度は親の言うことや周りの言うことよりも、自我の方が勝ることが多いそうです。大人になってから性格や行動を治そうと思ってもなかなか難しい。でも、ある程度受け入れられる年齢が先生が経験されてきた中では中学校まで、ということなんだそうです。なるほど。

と、受験から随分離れちゃいましたが、久しぶりの投稿でした。


No tags for this post.

Related posts

父の命日

1426249240656.jpg
早いもので、父の命日も5回目になった。
朝から、近所の公園の掃除にでかけ、片瀬中学校の卒業式から帰ってきた主人と娘(卒業は来年)とご飯を食べてから実家へ。
今日は弟家族も一緒で、久しぶりに母、弟家族、私たち家族がそろってお墓に。
O型の私から言わせると、細かい弟の指導の下(笑)、お墓を綺麗にして、日本酒で清め(笑)、ビールを備えてから父と久しぶりにお喋りしました。
今回は、来月に控える4回目の市議会議員選挙の話をしましたが、きっと私の愚痴や不安などを聞きながら、応援してくれていると信じたいところ。
さて、また明日もがんばるぞ。


No tags for this post.

Related posts

手紙

私、昔は手紙魔だったんです。はい。手紙を書くことが大好きで、今じゃ死語なんだろうけど、文通だって趣味を通して知らない人と交換したことだってあったし。

だから、最初メールを知ったときには衝撃的でした。

親友が大学時代留学しちゃって。海外に手紙を出すって英語の苦手な私にとっては、ドキドキもの。本当に彼女の元に届くのか心配だったそんな事が懐かしく思い出されるけれど、メールはその後も海外生活を転々とする彼女とのコンタクトには欠かせないものになって久しい。

メールになれてしまうと、ついつい、切手の楽しさや便せんを選ぶ楽しみが減ってしまう。それどころか、字を書くことが苦手になり、下手になり、あげく漢字を忘れるように。とほほ。

 

久しぶりに、ご年配の友人(と呼ばせて下さい)からお手紙をいただきました。私の今現在の唯一の文通友達かもしれません。その方との文通は、自分が筆無精になり、字を書くことが下手になっていることを思い知らされるのですが、達筆、素敵な文章なのですが、何よりも心が文章に表れているのが良くわかります。

さすがに私も、ちょっと時間を作って久しぶりにお手紙を書いてみました。

切手も選んできて貼ったところです。なんかワクワクして楽しいですね。残念なのは、素敵な便せんを買いにいけなかったことかな(笑)。


Related posts