2月に入りました

あっという間に1月がいってしまいました。

2月は逃げていってしまうようなので、しっかりとひとつずつやらなきゃいけないことをこなしていかなきゃなー。

 

この間、いろいろブログにアップしたいことはありました。

いろんな事があったけれど、最近はNHKですら見なくなってテレビもニュースもたまにネットで見る程度。相も変わらず新聞を読む時間をちゃんと取らなきゃなぁ、とは思っているんですけどね。

中でも、中東で起きた事件については本当に痛ましく、思うことは多々あるのですがどうしても自分の言葉でまとめることができません。って、偉そうにまとめることなんて全くできるわけもないのですが。

ただ、アサイチで柳沢さんが冒頭におっしゃったこと、そして法政大学総長のメッセージが印象に残っています。日頃、ネットで見る(Facebookもたまにのぞいています)今回の件に関する意見の中には、ぞっとするような事をフツーの友人がシェアしたりいいねをしたり、意見を書いたりするのを目にして、あぁ、空気がさらに変わっていく恐ろしさを肌で感じるようになってきました。

とはいえ、人それぞれいろんな考えがあり、私自身も自分の考えが正しい、なんて思っていないのですが、やはりこの件に関してはどうしてこうなったのか。自己責任で済ませられる問題なのか。ヒーローや英雄視することなのかを含め、しっかりと検証が必要なんじゃないかと思っています。

個人的には、不用意に戦地へ赴く人の自己責任、だけでは済まされないと思っています。それよりも、拘束を把握していた時期に不用意な外交や発言をすることが正しいことなのか。1人目の犠牲者の方は何をしに言ったのか。2人目の犠牲者の方は英雄になりたかったわけではなく、彼が何を伝えたくて自ら「自己責任」といってそこに赴いたのか、そういうことが知りたいです。

人によって「平和ボケ」という人がいらっしゃいますが、平和であることがいけないことなのでしょうか。欧米と一緒に彼らの言う・思う正義の味方でいなくてはいけないのでしょうか。まだまだ私にはわからないことだらけです。


Related posts